【貯金ができないなら】携帯料金を下げろ!楽天モバイルの魅力

スポンサーリンク

あなたは携帯電話料金によって貧乏になってます。

三大キャリアと呼ばれる、ドコモ、au、ソフトバンクを使っている方は、携帯電話料金が高いと感じていませんか??

この記事は・・・

携帯電話料金もっと安くならないかな。

楽天モバイルって安いらしいけど、かえても大丈夫??

という方向けに書きました。

とにかく、なにか特別な事情がない限り、携帯料金は下げましょう。

理由は簡単!

家計改善への効果が絶大で、貯金が増えるからです。

ということで、今回は、楽天モバイル(楽天UN-LIMIT V)を取り上げてみたいと思います。

もちろん、メリットだけではありませんが・・・。

この記事を参考に、あなたの資産を増やす第一歩としていただけたら幸いです。

メリット1.とにかく安い2,980円

楽天UN-LIMIT Vの料金プランは1つだけです。

料金は2,980円。これ以外ありません。

三大キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)だと、通話プランかけ放題でいくら、通信プランが〇ギガでいくらで、合計で~円という感じですよね。

電話かけ放題、通信データも使い放題でこの価格です。

ちなみに、三大キャリアの携帯料金の平均は約8000円という調査結果です。

その差額は、ひとり分でもう5,000円。ふたり分なら10,000円になります。

夫婦ふたりならまだしも、これから子どもの携帯電話購入を検討中の方は、さらに大きな問題となってきます。

そして、楽天UN-LIMIT Vは、この春から拡大中の5Gもプランに含まれて2,980円なんです。

メリット2.1年間無料

とにかく安いのに、1年間無料。ただし、契約者300万名まで。

2年目から、2,980円です。

これだけで、貯金が増えていくんじゃないでしょうか。

メリット3.通話かけ放題

通話かけ放題で料金は変わりません。

以前の楽天モバイルは、楽天電話アプリを使用すれば10分かけ放題だったのですが、さらに進化しました。

Rakuten Linkというアプリを使えば・・・

  1. 国内無料通話(相手がRakuten Linkを使ってなくても)
  2. 国内無料SMS(相手がRakuten Linkを使ってなくても)
  3. グループチャット(お互いにRakuten Link利用)
  4. 海外の66の国と地域で通話・SMSが利用できる(海外への発信はお互いにRakuten Link利用でないと有料)
  5. その他、ニュース、支払いなどの機能

こんなことができるそうです。

少しデメリットとして、iPhoneユーザーは海外での使用と、その他の機能に制限があるみたいです。

メリット4.通信データ使い放題

楽天回線エリア内であればデータ使い放題です。

他社でも大容量プランになってきています。

が、~ギガまでがいくら、~ギガ以上はいくらなどで料金が違ったり、月使用量が~ギガ以下だと割引とうなどとなっています。

スポンサーリンク

格安SIMと比べても、データ使い放題で2,980円という価格は安いです。

メリット5.その他

  1. 契約解除料0円
  2. 楽天市場での買い物で、ポイント+1倍
  3. 楽天ひかり新規契約で、1年間無料(キャンペーン中)
  4. 楽天UN-LIMIT V新規契約で、8000ポイント還元。スマホも購入すると、最大20000ポイント還元。(キャンペーン中)

現在のキャンペーンを見ても、お得に利用することができそうです。

楽天スーパーポイントアッププログラム利用者は、さらにお得ですね。

デメリット1.楽天回線エリアが狭い

楽天回線エリアはまだまだ狭い

楽天回線エリアはいまだ、首都圏の一部だけです。

現在、基地局をどんどん増やしている状態ということなので、今後に期待です。

でも、楽天回線エリア外で使えないというわけではありません

エリア外では、パートナー回線(au回線)を使って、月5Gまで高速通信ができて、5Gを超えると速度1Mbpsでデータ使い放題になります。

速度1Mbpsは、以前の楽天スーパーホーダイの低速モードと同じ速度です。

実際、速度1Mbpsは、YouTube、音楽、ゲームの利用でも問題ないし、LINE電話・ビデオ通話でもほぼストレスを感じません。

この状態で使い放題ということです。

多少遅くても気にならない方にはおすすめです。

デメリット2.iPhoneユーザーに不利

iPhoneX以前の端末は使用できないようです。

また、iPhoneであると以下の機能が使えないとのことです。

  1. パートナー回線でのSMS
  2. APN(インターネットアクセスポイント)自動設定
  3. 接続回線の自動切換え(楽天回線⇔パートナー回線)
  4. 緊急地震速報、津波警報の受信機能
  5. 110/119通話などでの高精度な位置情報測位

楽天対応製品より少し手間がかかるかなあといった感じです。

もし乗り換えをするなら、キャンペーン中なので、端末の買い替えも検討してみてもいいかもしれません。

まとめ

今回は、貯金を増やすため、楽天UN-LIMIT Vを紹介してみました。

メリットは・・・

  • 料金が2,980円の一択のみ
  • 1年間無料(契約者300万名)
  • 通話かけ放題
  • 通信データ使い放題
  • お得なキャンペーン中

デメリットは・・・

  • 楽天回線エリアはまだ狭い
  • iPhoneユーザーに不利な条件がある

メリット、デメリットを知ったうえで、携帯料金を下げるために検討をしてみてください。

これはあくまでも、携帯料金を下げるために書いた記事です。

携帯料金が高いと感じている方は、楽天UN-LIMIT Vでなくても、格安SIMにかえるのもいいと思います。

また、家族で複数携帯を持っている人は、親は楽天UN-LIMIT V、子供は格安SIMにするとか、使い方に合わせて携帯料金を下げる方法を試してみましょう。

固定費を下げることはお金持ちへの第一歩となります。

わたしも固定費を下げて徐々にお金持ちへ近づいています。

ぜひ試してみてください。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA